|HOME| |釣果| |ジギング||ウィリー||タイ||タチウオ||イカ| |アクセス| |お問合せ|

2005年の釣果
2005年8月31日(水)
7:00出港〜14:00入港
シイラで出船

フライフィッシングでシイラ狙いでしたが、釣れたのはティーザーマンでした。
絶対釣れない様にルアーのフックを曲げに曲げているのに何で釣れたのでしょうか?

29日同様後半に海も穏やかになり、釣れそうな予感が漂う中残念ながらゲームオーバー。

釣果はシイラ2(約100〜120cm)※船に揚げないでリリース出来たので目測です

2005年8月29日(月)
5:00出港〜11:00入港  12:00出港〜18:00入港
シイラで出船        キスで出船

お客様3名で久し振りにシイラ釣りでした。昨日仲間から駄目だったとの情報が入り非常に不安の中での出船でしたが、案の定何処を回っても、潮目をたたいても全く反応なし。

シイラを見ないで終わる、ボウズで終わるその時がとうとう来たかと焦りまくりましたが、最後の最後に1人1本づつ獲れ安堵しました。

潮目に沿って流れ藻や漂流物が有ったので、あのまま続けられれば良い釣りが出来たかも知れませんが、午後便もあるので泣く泣く終了。

午後は濁りのせいかキスはサッパリ、泳がせはキジハタ1kgと0.4kgが釣れました。

釣果はシイラ3(97、 95、 80cm)、 キジハタ2、 キス約20、 タチウオ、 エソ

2005年8月26日(金)  ”9月よりジギング開始、予約承ります”
台風も遠ざかり、何の影響も無く好かったです。

27日28日は地元の祭りの為休日です。
9月からジギングを始めますので予約お待ちしています。

2005年8月24日(水)
海況悪く出船中止

シイラの予定でしたが、風がありウサギも跳ねているので出船中止です。

2005年8月22日(月)
5:00出港〜11:00入港

キスは2時間半くらいで約100とまずまずでしたが、泳がせはヒラメ1匹に終わりました。

2005年8月21日(
5:00出港〜11:00入港
キス&泳がせで出船

底まで濁りが入っていてキスの方は期待が持てないので、港で豆アジでもと思ったのですが、あまりにも小さく、エアーを入れて水を換えても全滅状態で餌の確保が非常に困難でした。

泳がせは、少ない餌を無駄にしないようにアタリを真剣に聞きながらの釣りでしたが、なかなか難しいようでした。

釣果はキス約100、 キジハタ2、 ヒラメ1、 エソ2

2005年8月20日(土)
5:00出港〜11:00入港
キスで出船

出船して港の側ではポツリポツリと釣れるので、まずまずの釣果に成るかなとの考えも甘い考えに変わり、行く先々釣れても数匹と数が伸びず、沖上がり前に前半に入ったポイントに再び入り、釣れ出した頃にタイムオーバー。

釣果はキス1人20前後でしょうか

2005年8月19日(金)
6:00出港〜14:30入港
シイラで出船

出船間際に夜間操業をしてきたカニ籠漁の仲間から、シイラが全然見えないとの芳しくない情報を
もらい、出鼻をくじかれた格好でのスタートとなりましたが、何回かのチェイスがある中、10kg1本に7kg1本、90cm2本とヒラマサ1本ゲット、1本バラシという結果でした。

釣果はシイラ4(110cm・107cm・90cm)、 ヒラマサ1

2005年8月18日(木) 西4m、 1010hpa、 晴れ
12:30出港〜17:30入港
キス&泳がせで出船

朝の豪雨のせいか底まで濁りが入っていて、キスはイマイチ。
どうにか活キスを確保しての泳がせも全然で、赤いダイヤもタワシも釣れませんでした。

釣果はキス約50、 エソ1

2005年8月17日(水) 東5m、 1008hpa、 晴れ
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船

ジギングが初めのお客様2名で出船。
タチウオから始め、イナダ、ヒラメと釣れましたが、良型のヒラマサに一気に走られバラシたのが残念。

釣果はタチウオ5、 イナダ3、 ヒラメ2、 アジ3

2005年8月16日(火)
海況、天候とも悪く出船中止

10時まで待ってもらいましたが、残念ながら中止です。

2005年8月15日(月) 西12m、 999hpa、 雨
海況、天候とも悪く出船中止

シイラは明日に順延です。

2005年8月13日(土) 西7m、 1010hpa、 曇り、 下り潮(上潮)1.2ノット
3:30出港〜9:30入港
サーベリングで出船

食いが浅いのか何回かのバラシもありましたが、お客様2名で5本でした。

釣果はタチウオ5、 サワラ1、 ワカシ3

2005年8月8日(月)  西3m、 1013hpa、 晴れ、 上り潮
3:30出港〜9:30入港   12:00出港〜18:00入港
サーベリングで出船   キス&泳がせ

午前便はお客様2名でタチウオでした。
久し振りのタチウオで心配この上なかったですが、1人20前後とまずまずの釣果に安堵しました。

キスが思ったように釣れず、泳がせの最後の方で足りなくなってしまいました。 
また何度もアタリがあるものの乗りきらず残念でした。

釣果はタチウオ40前後、 ソイ1、 
    キジハタ1、 ヒラメ3(1.0〜1.6kg)、 カサゴ1、 キス70前後、 イナダ1

2005年8月7日() 風弱く、 1012hpa、 晴れ、 上り潮0.6ノット
12:00出港〜18:00入港
キスで出船

地区行事出席の為休日にしましたが午前中に終わり、偶然能生に遊びに来ていた塾生と午後便で出船しました。でもキスだけで終わるはずも無く、後半はヤッパリ泳がせとなりキジハタ、ヒラメのバラシもありましたが、まずまずの釣果でした。

釣果はキス60(18〜26cm)、 キジハタ3(1.0〜1.6kg)、 ヒラメ3

2005年8月6日(土) 北東7m、 1011hpa、 晴れ
6:00出港〜14:00入港
シイラで出船

出港して30分もしない内に10kgオーバーと8kg台を頂き、幸先良いスタートにご満悦でしたが、
それ以降2時間程はボンテン回りをしても、流れ物を叩いても全く反応なし。

やっと2時間後に流れてきたシイラ付けを発見し、そこで80cm2本追加して本日終了。
後半は北東の風が強くなり、波もかなり高くなり、シイラ日和ではありませんでした。

釣果はシイラ4(10.5kg、 8.5kg、 80cm)

2005年8月5日(金)  東3m、 1011hpa、 晴れ、 下り潮0.5ノット
5:00出港〜11:00入港
ウィリー・キス&泳がせで出船

涼しかったのは出船後30分くらいでしょうか、後はもうお客様は、汗を拭き拭きの釣りでした。
泳がせの餌を狙ってウィリーでアジ、チョイ投げでキスと試みましたが、アジはいっぱい釣れますが
23〜35cmと大き過ぎ、キスは中々釣れず、釣れたと思えば大き過ぎたり針を飲み込んでいてペケと餌の確保に苦労しました。

本来の目的である泳がせは、実釣1時間半位で1.5kgを頭に1kgアップのキジハタが5匹、他にヒラメ・コチ・カサゴが釣れました。心残りは餌がなくなってジギングをしていたお客様に来た2kg弱くらいの
ヒラメをタモ入れ寸前でバラシタことですが、全体に好釣果でした。

釣果はキジハタ5(1.0〜1.5kg)、 アジ約70、 キス約60、 アカイカ、 ヒラメ、 コチ、 カサゴ

2005年8月3日(水)  穏やか、 1010hpa、 下り潮0.1〜0.6ノット
5:00出港〜11:00入港
TV取材(SBC長野信越放送)での出船でした

夏休みファミリーフィッシングの取材ということで、ウィリーでアジを、その後時間があればキスということでしたが、ポイントに着いて仕掛けを説明している最中に、、もう同船者の竿が曲がっています。
それ以降アジの入れ食い状態となり、1時間もしない内にクーラーボックスが満タンに。

さて次はキスでもと相談している時にチョット先にナブラが、目ざとく見つけた同船者はキャスト
大好きな塾生達で、この時季キャスティングの用意を怠る連中ではありません。
一時サワラの入れ食い状態となり、レポーターのお姉さんもただ巻きでゲットという状態でした。
サイズは60cm程ですが、カタクチを食べているせいか丸々太っています。

ナブラも一段落着いて今回の目的であるファミリーフィッシングに戻り、楽勝と思っていたキスが中々釣れずあせりましたが、こちらも止まっていた潮が動き出してからはワンキャスト2本3本という状態に安堵しました。

最後に泳がせ釣りもレポートしたいとの事で1時間半ほどやり、小型ですがキジハタと2.2kgヒラメを頭に4枚を釣る事が出来ました。

途中で、今回の趣旨とチョット違う釣りも入りましたが、満足のいく釣果に胸を撫で下ろしています。(本当は釣れなかったら午後もと考えていたところでした)

アジとキスで夏休みのファミリーフィッシングはいかがですか。

長野県の皆さん、ちなみに放送は9日(火)だそうです。


釣果はアジ約70(23〜35cm)、 サワラ16、 キジハタ1、 ヒラメ4(最大2.2kg)、 キス約70

2005年8月2日(火)
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船

タチウオも終盤にさしかかり、1人15前後とまずまずでした。
魚探には最盛期の反応が中層にあり、一時は入れ食いでした。
手がえし良くやればもっと釣れたと思いますが、皆さん暑かったせいもありのんびりと釣られていたの
で釣果的にはこんなもんでしょう。

例年もう1回爆釣してシーズンが終わるのですが、それが何時になるのか誰もわかりません。

釣果はタチウオ約45、 エソ12

2005年8月1日(月)
7:00出港〜14:00入港
シイラの試し釣りで出船

塾生2名と息子を乗せてシイラの試し釣りでした。
漁師仲間の情報どおり”いるわいるわ”デカイのが。  いつもならカニカゴのブイ周りを攻めるのですが、ブイの場所を書きとめたメモ帳を忘れてしまい、急遽潮目と浮遊物を探しての釣りとなってしまいました。

大型サイズがいっぱい居るのですが、今日はルアーに全く反応してくれず苦戦しましたが、今シーズンの最初を飾る10kgオーバーと7.5kgを頂き、大型の1バラシでゲームオーバー。

8月に入りましたので、シイラの予約をスタートいたします。

※シイラでの出船は最低4名からとさせていただきます。


釣果はシイラ2(11.5kg 7.5kg)

2005年7月31日(
17:00出船〜20:00入港
アカイカ釣りで出船

夕方5時から8時まで仲間と試し釣りでの出船でしたが、3時間で15ハイの釣果でした。
アンカーを打ってのかかり釣りではなく、流し釣りですので広範囲が探れ、また釣りとしても面白いのではないでしょうか。
スルメイカと違って数が出ませんが、釣れたてのアカイカの味は別格物です。
午前便のアカイカ&キス、午後便や夕まづめ便でのキス&アカイカはいかがですか。

釣果はアカイカ15(25〜40cm)

2005年7月31日() 風弱く、 1008hpa、 曇り、 下り潮1.2ノット
4:00出港〜10:00入港  10:30〜12:30入港
サーベリングで出船

タチウオは1人5〜10匹でしょうか。陽が高く上るまではマアマアの食いでしたが、完全に上ってしまってからは、反応も底にへばり付いてしまいサッパリでした。

10:30からは、2名のお客様でキス釣りでした。
台風後の底荒れから復活したみたいで、賞味1時間半ほどで、1人10匹前後でした。

釣果はタチウオ48、 ソイ1、 大アジ5、 イナダ1、 エソ3、 キス

2005年7月29日(金)
明日のシイラの試し釣りは、8月1日に変更します。
今日もカニ籠のブイに大型が数十枚付いていて、休憩時間に4枚釣り上げたそうです。
試し釣りは期待が持てそうですね。

2005年7月28日(木) 東6m、 1006hpa、 晴れ、 下り潮1.0ノット
12:00出港〜18:00入港
キス釣りで出船

台風の影響か濁りが入り、底荒れも酷く、仕掛けにゴミが掛かって来るような状態で、釣果は1人6匹くらいでした。

釣果はキス1人6、 イシモチ2、 アジ5

2005年7月27日(水)  ”シイラの季節です 予約スタート”
いよいよ日本海もシイラ季節となりました。
漁師の仲間の情報では、大型の回遊が見られるそうです。
そこで、7月30日(土)に試し釣りを行いたいと思いますので希望者を募集いたします。

2005年7月26日(火)
台風の影響で、今日明日と出船中止します。
27日はテレビ取材でしたが、8月3日に変更です。

2005年7月25日(月) 東4m、1008hpa、 晴れ、 込み潮 
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船

今日はいつも最初に行くポイントで、勝負を賭けました。いつもより深めの水深をトレースし、多い人で20匹くらい釣れたでしょうか。数釣りも良いですが、飽きない程度に釣れて来る今日くらいなのが丁度良いのではないでしょうか。

最後に爆釣ポイントを見に行ってきましたが、今まで通り反応があるものの、そこでは2匹に終わりました。反応があるわけですから、状況が変わればまた釣れ出すでしょう。

後半は、魚礁・根周りでのジギング及びナブラを見つけてのキャスティングでしたが、大物を2日続けてバラシているポイントで3〜4kgのヒラメが初心者の方に来て、最後は抜こうとしたのかタモ入れが間に合わず、残念な結果に。タモを持って行った瞬間でしたから、久し振りにアット叫んでしまいました。

それでも最後は、昨日2.25kgのキジハタが上がっているポイントで今日も1.85kgのキジハタを頂き
ゲームセット。

キャスティングの方は、ナブラが直ぐに沈んでしまい、サワラを3本バラシで終わり。

釣果はタチウオ約70(指3〜5本)、 キジハタ1(1.85kg)、 ソイ1、 イカ1、 アジ1

2005年7月24日(
12:00出港〜18:00入港
キス&泳がせで出船

キスは良型ばかりで(殆んど22〜25cm)、2時間〜2時間半で1人70匹と好結果でした。まだやれば釣れたのですが、こんなに釣れるとは思いもしないので、餌が無くなってしまいキス釣り終了。

後半は活キスを使っての泳がせ釣りで、コチ、ヒラメ、カサゴ、と
”特大キジハタ(2.25kg)”をゲット。
もう1匹特大キジハタ(多分)を掛け、根から引き離して浮かせた所でハリス切れ・・・超残念

釣果は
キジハタ1(2.25kg)、 キス140、 コチ2(55cm)、 カサゴ1、 ヒラメ1

2005年7月24日()
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船

最初のポイントで数匹釣って、いつもの所へ向かったのですが、流石に日曜日船がたくさん出ていました。でも釣れている様な様子が無く、知り合いに訊ねた所サッパリという返事が返って来てがっくり。

最初のポイントに戻って反応を捜しましたが、太陽が上がると反応が底に沈んでしまい、全然駄目状態でタチウオ終了。

残りの数時間は能生沖を走り回ってナブラたたきで、大イナダ、サワラを追加して沖上がりでした。
今日の敗因は一つは、赤潮の発生によるものではないかと推測します。
去年ほどではないですが、結構プランクトンが死んで浮いていました。
早く良くなってほしいものです。

釣果はタチウオ13、 ソイ4、 大イナダ1(2kg)、 サワラ3

2005年7月23日(土)  ”キス釣りスタート ・ 予約受付中”
船からのキス釣りいかがですか。
・良型が結構釣れています。
・場所にも寄りますが、1キャスト2ないし3フィッシュもあります。
・難しい釣ではありませんので、
船釣り初心者やお子様、女性も楽しめます。
・セット物のロッドも十分釣りになります。

もちろん専用竿があれば良いですが、トラウトロッドやバスロッドでもキスのアタリがとれて非常に面白いですよ。10〜15号くらいの錘をチョイ投げして、底をズルズル引っ張ると、キスの小気味良いアタリが楽しめます。

ご予約お待ちしています。 

2005年7月23日(土)  西南西3m、 1008hpa、 曇り、 下り潮0.3ノット、 25.3℃
4:00出港〜10:00入港
ウィリー&泳がせで出船

アジの中〜大が1人15〜25くらいで、泳がせ用の小アジを狙っていたのですが駄目でした。その他にナブラを見つけてのキャスティングで、イワシを食って丸々太ったサワラと大イナダをゲット。 
ナブラたたきも面白いですよ。

釣果はアジ60前後、 大イナダ1(2.0kg)、 サワラ2、 メバル1

2005年7月22日(金)  風弱く、 1008hpa、 曇り、 下り潮1.0ノット、 25.5℃
4:00出港〜10:00入港
五目&泳がせで出船

泳がせに使うアジが欲しくて走り回りましたが、23〜35cmと大きすぎて困りました。

釣果はキジハタ4(0.4〜1.0kg)、 アジ130前後、 タチウオ1 

2005年7月21日(木)
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船

いつもの所の反応がベタ底状態で食い渋っていましたが、釣果はまずまずでした。
またサバが落ちていくジグに反応してしまい結構釣れましたが、残念ながら夏サバは脂がなく旨くないので、皆さんリリースされていました。もらったサバを〆サバにしてみましたが、やはりでした。

釣果はタチウオ170、 サバ20、 アジ5、 イシモチ、 エソ2

2005年7月19日(火)
海況悪く、午前午後とも出船中止

2005年7月18日( 風弱く、 1012hpa、 晴れ、 下り潮1.0ノット
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船

今日一番残念でならないのは、Kさんが掛けた大物でした。
昨日のてつを踏まないようにアシストしながら、魚とのやり取りを征し、底を切って浮かせて来たのですが、タチウオでリーダーが傷ついていたせいかリーダーブレイク。残念無念の一言です。

でもあそこには大物がいます、確実にいます。
今後もタチウオの合間に狙いますので、相応のタックルも用意してください。

さてタチウオですが、今日も大爆釣でした。
今までもそうですが、2〜3時間の間の釣果ですから大爆釣ですね。

相変わらずで指5本サイズも出ましたし、数も1人当り40本前後と釣れまくりました。又リリースもしていただきありがとうございます。最後はさすがに暑さに参ったのか、釣れ過ぎて飽きたのか船上の活性も下り、目先を変えようと残り2時間は深場狙いでした。。

釣果はタチウオ約400(1人40前後)、 エソ10、 イシモチ2、 サバ、 アジ 

2005年7月17日(
12:00出港〜18:00入港
鯛釣りで出船

午後は久し振に鯛釣りでした。
最近の鯛の状況がサッパリ分からないので、僚船の船長達に求めたのですが、
今日は全然駄目との事。

能生沖、名立沖が駄目ならいっその事反対方向へと向かい、最初の所で三流し目と四流し目
に1枚づつ来たのですが後が続かず、西へ西へと向かう羽目に。

80mのポイントでは、Hさんのロッドに来たアジに大物が。
一気に120m出されて、魚とのやり取りが始まり、皆さんの仕掛けを上げてもらって、
アシストしようと船を回す寸前にブレイクでした。
おそらくヒラマサ、それも大型かと思われます。

それでも沖上り2時間くらい前から小型ながら鯛が釣れ始め、0.5〜1.5kgが12枚でした。

釣果は鯛・鯛子12(0.5〜1.5kg)、 アジ、 サバ、 ウマズラ

2005年7月17日() 風穏やか、 1015hpa、 晴れ、 下り潮1.0ノット
4:00出港〜10:00入港
ウィリー&泳がせで出船

まずはウィリーで餌確保ですが、皆帯びに短しタスキに流しでデカイか中途半端サイズばかりで苦労しました。

泳がせの方は本命のキジハタ1kgのグッドサイズが3匹、ヒラメの3.5〜4kgが1枚釣れました。
毎度言いますが、餌さえ確保できれば釣れる可能性大ですが、餌が・・・

釣果はキジハタ3、 ヒラメ1、 アジ約25、 鯛子1(真鯛の1kg未満)、 カサゴ1 

2005年7月16日(土) 風弱く、 1018hpa、 曇り時々雨、 下り潮1.0
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船

最初はポツリポツリで型も小さく、食い気が無いのかスレ掛かりが多く、ジグのロスとも多かったですが、移動先で一時入れ掛かり状態となり、サイズもアップして、
指5〜6本サイズも何本か出ました。 

でも今日の大物賞は、田中さんが水没されたおろしたてのソルティストを次の一流しで回収した今井さんでしょう。総額5万円くらいの落し物を拾われたのですから帰りに何かご馳走でもしてもらったらいかがでしょうか。

釣果はタチウオ約200(1人平均20)、 エソ1、 イシモチ1

2005年7月15日(金)
             
               
”夕まづめ便スタート”


夏季限定で夕まづめ便を企画しました。
まづめ時の真鯛釣りや青物のナブラたたき、根魚の泳がせ釣りはいかがですか。
夕方のタチウオも面白いですよ。

午後1時に出港して7時の入港といたします。
午後1時の出港ですので余裕を持って釣りに来られると思います。ご予約お待ちしています。

2005年7月15日(金)
8:00出港〜14:00入港
キス&泳がせで出船

今日は余人を交えず仲間と2人だけの釣りでした。
昨日同様、最初はキス釣りでしたが昨日以上に良型が釣れて餌にならず、ウィリーでアジを確保と試みましたがこちらも餌にするには大型過ぎて餌の確保に四苦八苦でした。

その他には、キス釣りの最中に垂らしておいたイカスッテに高級な赤イカが釣れたりイシモチが来たり、ナブラが立てばキャストしたりと楽しい1日でした。

しかし最適な生餌さえあれば、キジハタ・ヒラメはモット釣れるのですが残念です。

釣果はキジハタ2(0.6〜1.2kg)、 赤イカ1、 キス約20、 アジ15、 イシモチ1

2005年7月14日(木)
12:00出港〜18:00入港
キス&泳がせで出船

キスは泳がせに使う苦肉の策、豆アジがいないので仕方なくキス釣りに励みましたが、ピンギスが欲しい時には良型が来てしまい使い物になりません。

どうにか数匹確保して泳がせに替え、最初に1kgアップのキジハタが来て上々の滑り出し、その後何回もバラシやすっぽ抜けを繰り返しながらキジハタとヒラメ、ソイをゲット。

これからはキスも面白です。濁りが澄めば良い釣りが出来ると思います。

釣果はキジハタ5、 ヒラメ2、 ソイ1、 タチウオ1、 アジ20、 キス15

2005年7月13日(水)
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船

船舶検査も無事に終わり、今日も絶好調。
最初のポイントは、10日より反応が良く皆さん数本確保出来ました。
ここは、日が高く上がると釣れなくなるので、今後は泳がせ釣りとのリレーも面白いと思います。

この後向かったベストポイントは、心配していた通り濁りが入り、水温も17℃と急激な低下でサッパリでしたが、この後の移動先で大当たり、爆釣モードに突入し入れ食いを楽しみました。

型も相変わらず良型で指5本クラスも揚がっていました。最後にあまりに釣れるので、何処まで流せば釣れなくなるかと遊んでみましたが、結局沖上りまで釣れ続けました。

釣果はタチウオ200以上(キープは1人15〜30本)、 アジ6

2005年7月12日(火)
今日は10時から船舶検査の為お休みです。

2005年7月11日(月)
海況悪く午前午後とも出船中止

2005年7月10日(
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船

今ホームページを更新しながら外を見ていますが、海は白いウサギが勢いよく跳ねています。

皆さん半日釣りが出来て良かったですねぇ。
沖の方にはウサギが跳ねていましたが、渚に入ってくるのが遅くて今日も良い釣りが出来ました。
最初のポイントで2時間ほど粘って数匹ゲット。まだまだ数は少ないですが、ようやくこのポイントにもタチウオが入ってきましたので今後が楽しみです。

今日はこのポイントで粘るしかないかなぁと思っての出船でしたが、海もまだ穏やかなのでいつもの所へまっしぐら。着いたとたんに良い反応が出ています。合図とともにジグを投入、全員のロッドがいっせいに曲がり入れ食い状態でした。

しかし水深20〜30mでタチウオと遊べるなんて楽で良いですよねぇ。
残りの2時間は根魚狙いをしてみましたが、こちらの方は・・・でした。

今日も爆釣、お客さま4名で何本出たのか分かりません。相変わらず皆良型ですが、圧巻は塾生の
M君が釣った
”指6本”のビッグサイズで一同ビックリ!!

皆さん必要量キープ(1人15〜30本くらい)の後は、
リリースしていただきありがとうございました
おなかにスレ掛かりしたのは持っていってもらいますが、フックが口に掛かっているのはリリース出来ますので、よろしかったらリリースにご協力ください。

釣果はタチウオ120以上(キープは1人15〜30本)、 ソイ1

2005年7月9日(土)
4:00出港〜10:00入港
イカ釣りで出船

本当に久しぶりのイカ釣りでの出船でした。
最近では、僚船もイカ釣りでの出船が無く情報も皆無の中の出船でしたが、案の定の結果でした。

釣果は1人20〜9ハイ

2005年7月8日(金)
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船

今日は爆走に急ブレーキが掛かりました。
お客様1人での出船でしたが、最初のポイントで直ぐに数匹来たので今日もと思いましたが、次のポイントでは相変わらず良い反応があるものの、底に張り付いて浮いてこず、時々浮き上がっている反応がある時に1匹2匹の拾い釣りで終始しました。

今日の渋い状態に陥ったのは、水温変化と濁りだと思います。
前日までは濁りは表層までで水温も21℃位ありましたが、相当川の濁流が入ったせいか水温が18.5℃と一気に下り、濁りも結構の深さまで達しているようでした。

あと一つは、タチウオの移動を止められなかったのが釣果に響いたようです。
浮いた反応の時に数人で釣りをしていれば、魚の移動も抑えられたのでは・・・

反応があり、リーダーがボロボロにされ、アタリがあるのにフッキングまでに至らないという魚が居るのに釣れないという状況も、以上の様な要因が好転すれば、おのずと釣果も好転するでしょう。

釣果はタチウオ9(指4本)、 アジ数匹

2005年7月7日(木)
4:30出港〜10:00入港
サーベリングで出船

        ”サーベリング爆釣中”  これからが本番です

今日も物凄い反応の中で良く釣れました。
残念なのは、食いが立っているところで西風が強くなり、8時に撤退しました。
しかし型も指4本と良型で多い人で32本次の方が30本釣ったそうです。時間いっぱい出来ていれば、クーラーいっぱいという状態になった事でしょう。

今月来月とタチウオで出船しますのでご予約お待ちしています。
又1.5〜4kg位のイナダやワラサ・サワラも釣れていますので、タチウオ・ワラサ・サワラと絡めた
ジギングが出来ればとも思っています。


午後便は海況悪く、出船中止しました。

釣果はタチウオ95(指4本)、 サワラ、 アジ、 スルメイカ

2005年7月6日(水)
12:00出港〜16:00入港
ライトウィリーで出船

凪が悪く、お客様が酔ってしまい早上り

釣果はアジ、 キジハタ、 ハナダイ、 ウマズラ各数匹

2005年7月5日(火)
12:00出港〜19:00入港
鯛釣りで出船

久しぶりの真鯛釣り。ノッコミもそろそろ終わる頃だし不安の出船でしたが、最初のポイントで
5kgアップの良型ともう1枚をゲット出来肩の荷が下りました。

あとはお客様と話し合いで色々と冒険をさせてもらい、アッチコッチと新ポイントを探りながら、
最後に大爆釣が待っていました。

魚探にあんなに鯛が写っているのを見たのは久しぶりです。来るぞ来るぞと操船しながら独り言を言っていると必ずロッドが絞りこまれます。見ている私が楽しいのですから、お客様の方がもっともっと楽しかったのではないでしょうか。

お客様2名で一時入れ食い状態になり、小型は逃がしていただいてキープは18枚でした。あのまま同じポイントを攻めれば、もっともっととんでもない数が釣れたでしょうが、またわがままを聞いてもらい、流すコースを変えたり、水深を変えたり、ポイントを変えたりと非常に楽しい釣りをさせていただきました。

釣果は真鯛多数(内キープは1〜5.25kg18枚)、 アジ数匹、 ウマズラ、 大イナダ1

2005年7月4日(月) 風弱く、 996hpa、 雨、 下り潮0.3ノット
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船

土日が潰れたので久しぶりの出船のように感じました。

仲間から日曜日に相当釣れたとの情報が入ったので、今日もと秘かに思っていましたが、最初のポイントでは反応があるものの4匹で終わり、次の所は全然反応がないのにガンガン釣れ、最後は物凄い反応の中でガンガンバコバコの大爆釣でした。(しかしこの魚はよう分からん)

お客様にも魚探に映る反応を見てもらいましたが、水面下2〜50m層に物凄い反応でした。
お客様の話では、ジグが落ちていかず、ジグにアタックしてくるタチウオが見えたそうです。

また食いが立っている時は、殆んど口に針掛かりしていて、すれ掛かりがありませんでした。
口に掛かった時は、タチウオは結構引き面白いですので、ぜひ挑戦してみてください。

釣果のほどは、数え切れないので良く分かりません。
お客様の方からもう十分だとのお声掛かりで終了しました。

釣果はタチウオ多数、 ソイ2、 大アジ数匹

戻る


彩 波

〒949-1351新潟県糸魚川市大字能生小泊2603

今すぐ TEL/FAX0255-66-3405



|HOME| |釣果| |ジギング||ウィリー||タイ||タチウオ||イカ| |アクセス| |お問合せ|