|HOME| |釣果| |ジギング||ウィリー||タイ||タチウオ||イカ| |アクセス| |お問合せ|

2006年の釣果
2006年8月31日(木)
5:30出港〜11:00入港
ULT泳がせで出船

実弾尽き果て早々に戦意喪失です。
最初の3時間は豆アジを求めて右往左往、実弾が足りません状態でしたが、これ以上餌を求めていては泳がせが出来なくなるので、弾不足を承知で泳がせに。

こちらは、イケイケドンドン状態で、一流し毎にヒラメ・キジハタが釣れて来ますが、如何せん豆アジが1人5匹程度の割り当てでは2時間程で早々に弾が尽き果て、残り時間は戦意喪失で早上がり。

今日は潮通しも良く、餌さえあれば好釣果が期待できたので残念です。

釣果はキジハタ4、 ヒラメ6、 メバル3、 アジ15、 ワカシ4、 豆アジ

2006年8月29日(火)
5:00出港〜11:00入港
サビキ&LTウィリー五目で出船

サビキより圧倒的にウィリーに分がありました。お盆以降海の中も夏枯れ状態で、サッパリ良い情報が無かったのですが、今日は大漁でした。

本当は泳がせで出船のはずが豆アジが釣れず、右往左往していると小さな反応がポツリポツリ。これはひょっとしてアジの反応?、仕掛けを投入と同時に中〜大アジが入れ食い状態になり、沖上りまで◎でした。

松本のY様、今日は本来の釣りが出来ず残念でしたが、大アジが大漁で良かったですね。泳がせは、またの機会にと言う事でよろしくお願いします。

釣果はアジ1人30〜40(中〜大型)、 ハナダイ10、 ワカシ・イナダ6、 メバル2、 ウマズラ1

2006年8月20日( ”27日まで休業いたします”
4:30出港〜10:30入港
ULT泳がせで出船

活餌の豆アジ確保に少々手間どり、泳がせの時間が少なくなりましたが、キジハタ・ヒラメとまずまずの釣果でした。残念なのは、豆アジが高温と酸素不足で死んでしまい、最後まで泳がせが出来ませんでした。ようやく釣れ始めた所だったので本当に残念です。

釣果はキジハタ8(0.6〜1.0s)、 ヒラメ3(0.5〜1.2s)、 カサゴ1、 アジ少々

2006年8月17日(木)
4:30出港〜10:30入港
LTウィリーで出船

釣りが初めてという方々4名でウィリーに挑戦してもらいました。僚船から、最近アジが芳しくないとの情報を聞いていたのでかなり不安でしたが、その不安が大的中。しかし早々船酔いで2名様ダウンの中最後まで頑張ってもらいました。


釣果はアジ(中型)20、 キジハタ1(1kg)、 ウマズラ3

2006年8月15日(火)
4:30出港〜10:30入港
ジギングで出船

ボウズ覚悟の出船でしたが、2本掛けどうにか1本ゲット。

釣果はワラサ1(2.5kg)

2006年8月14日(月)
4:30出港〜10:30入港
泳がせ&カブラ釣りで出船

キジハタの1kgアップが4とヒラメ・ワラサ・メバル等々高級魚が大漁でした。

根魚のバラシやスッポ抜けが多発しましたし、2〜3kg級のキジハタだと思いますが、ライトタックルが故にリフティングが出来ず、ラインを出されて根に入られたのもありました。

釣果はキジハタ8(0.6〜1.4kg)、 ヒラメ4(1.5kg前後)、 ワラサ1(2.2kg)、 メバル5

2006年8月13日(
4:00出港〜10:00入港
ジギング五目で出船

まずタチウオですが、そろそろ終わりですね。ベイトの下に反応があるのですが食って来ず、
数回のアタリでどうにか3本。後半の根魚は、潮が動かず大苦戦の中、良型のキジハタや
カサゴが出ました。

釣果はタチウオ3(指4〜5)、 キジハタ4(1kg前後)、 カサゴ4、 アカイカ1

2006年8月11日(金)
4:30出港〜10:30入港
LTウィリー&ULT泳がせで出船

LTウィリーで泳がせ用の活きアジを確保したいのですが、あまりに小さすぎるか良型サイズ過ぎて、中々苦労しました。泳がせもイマイチで、キジハタとソゲクラスのヒラメに終わりました。

釣果はアジ1人20(中〜大型)、 キジハタ2(0.4〜0.6kg)、 ヒラメ3、 イナダ1、 メジナ1

2006年8月8日(火) 8月11日(金)つり丸取材・乗船者募集中
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船

全層を攻めれば、まだまだいけますが、今日の様に表層から中層のみだと
1人15本くらいになります。

釣果はタチウオ1人3〜13(指3〜5)、 スズキ1

2006年8月7日(月)
4:30出港〜10:30入港
ファミリーフィッシングで出船

早朝は、コマセが無くても中〜大アジがガンガン来ましたが、漁師さんに網を入れられ・・・。
豆アジも数匹釣れたので泳がせもやって見ましたが、バラシやすっぽ抜けが多い中、キジハタとヒラメをゲット出来ました。


釣果はアジ1人5〜20(中〜大)、 キジハタ2(0.6〜1kg)、 ヒラメ4(0.5〜1kg)、 イシダイ1

2006年8月5日(土)
4:00出港〜10:00入港
ジグ五目&泳がせで出船

タチウオは1人5〜6本程度で止めて、ジグで根魚&泳がせへ。
キジハタは、カブラで1、泳がせで1と残念でしたが、根に潜られてとれなかったのが2回にバラシや
すっぽ抜けが多発しました。アタリを全部獲れれば良いのですが、そこは根魚、難しくもあり楽しくも
ありですね。

釣果はタチウオ1人5〜6(指3〜4)、 キジハタ2(0.7〜1kg)

2006年8月4日(金)
5:00出港〜11:00入港
LTウィリー&泳がせ釣りで出船

LTウィリーは、中〜大アジが1人30匹強と、この暑い日中の釣りにしては好釣果でした。
泳がせも、0.5〜3kgヒラメが4枚揚がり、バラシも結構ありました。

釣果はアジ120(中〜大型)、 ヒラメ4(0.5〜3kg)、 メバル1

2006年8月2日(水)
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船

ベイト反応も良く、一時は入れ食いで、久し振りに指5本サイズが2本揚がりました。
釣果は、タチウオが初めてという方々にしては、1人10〜20本前後と上出来上出来。

釣果はタチウオ1人10〜20前後(指3〜5)

2006年7月30日(日)
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船

今日は近場で好反応があり、走り回らずに済みました。
釣果は、1人5本前後〜20本以上と大きな差が出てしまいました。タチウオの場合、ただ漠然と釣っていては当たりが取れず、ジグのロストにつながり懐に響きますので、くれぐれも御注意を。

釣果はタチウオ1人5〜25(指3〜4)

2006年7月29日(土)
11:00出港〜17:00入稿
LTウィリーで出船

午前便が荒天の為欠航となったので、1時間早めの出船でした。
釣果は、アジはいるのですが、同じポイントを2度ほど流すと釣れなくなり、
また新しいポイントを探し回る繰り返しに終わり惨敗。

釣果は中アジ1人5〜20、
 メバル1、 イナダ1

2006年7月27日(木)
5:00出港〜11:00入港
サーベリングで出船

昨日、明日大雨だし釣果も芳しくないので中止しようかと話した所、もう既に東京からメンバーが
上越に来ているとのこと。 じゃぁ駄目駄目覚悟で出船となりましたが、最後2時間で入れ食いと
なり、1人平均20本と上々の釣果にメデタシ・メデタシ。

タチウオはお遊び程度にやっていたのですが、マリアのテスターに乗船していただいた時に、その
テクニックを見て、これは釣り物になると確信しました。 それから2年がたち何ヶ所かのポイントを
開拓出来、これが本物かどうかはまだ確信が持てませんが、移動経路や水深をつかめた様な気が
します。


釣果はタチウオ80前後(指3〜4)

2006年7月26日(水)
4:00出港〜10:00入港
ジギング五目で出船

ジグで根魚狙いでしたが、昨日のガンガン流れは何処へやら、今日は一転潮が全く動きません。
魚はアジのみキープで、カサゴ・ソイ・マハタ等々は全てリリースしていただきました。

釣果は中アジ数匹

2006年7月25日(火)
4:00出港〜10:00入港
ジギング五目で出船

サーベリングで出船でしたが、今年1番の濁りが入り、また水温も場所によっては17℃、18℃で
潮も1.8〜2.0ノットと無茶苦茶速く釣りになりませんでした。

それでもアタリだけは1人10〜15回は有る様でしたが、フッキングまでに持ち込める日並では
なかったようです。後半根魚狙いに変えましたが、こちらもフッキングに中々もち込めず・・・

釣果はタチウオ10(指3〜4)、 キジハタ2(0.8kg)、 中アジ数本

2006年7月24日(月)
4:00出港〜9:40入港
サーベリングで出船

フォーリングでも食って来る様な活性の高い反応を見つけるのに苦労しました。
それでも1人15本前後とこの状況下で健闘していただきました。
最後は、雨が酷くて早上がりとなってしまいましたが、ご苦労様でした。

釣果はタチウオ70前後(指3〜4)

2006年7月23日(
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船

今日は超厳しかったですねぇ。でもどうにか新兵器(と言っても元々付いていましたが)に助けられ、まずまずの釣果で終わり安堵しています。もし無ければ、撃沈だったかも知れません。

釣果はタチウオ1人8〜40(指3〜4)

2006年7月22日(土) ”アジも好調です”
11:00出港〜17:00入港
LTウィリーで出船

潮が速く錘40号で苦労しましたが、終わってみれば中〜大アジが1人50匹と好釣果でした。
ヒラメは豆アジを泳がせての釣果です。

釣果はアジ1人50、 ヒラメ2、 ウマズラ2

2006年7月20日(木)
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船
今日は近場でもいつもの所でも釣れたし、まだしばらくはサーベリングいけそうです。

10:30出港〜15:30入港
LTウィリーで出船
ウィリーがはじめての方でしたので、N氏に来ていただき、インチキラクターをお願いしました。
こちらも、持ってこられたクーラーにアジが入りきらず、早上がりです。

釣果はタチウオ1人30〜55(指3〜4)、 アジ1人40〜50(中〜大型)、 キジハタ1(0.8kg)
    アマダイ1(0.8kg)、 メバル3、 ウマズラ2

2006年7月18日(火) ”まだまだサーベリングいけます”
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船

最近に無い好反応で、8時前にはサーベリングを終了。 お客さんの中には、入れ食い入れ食いの連発で、最後までサーベリングをしていたら100本は軽く越えたでしょうという方がいらっしゃいました。釣果には、タックルやテクニックの差からある程度の開きが出てしまいましたが、上々でしょう。

今日も泥濁りの中の釣りでしたが、イワシを追ってジャンプする太刀魚や水面下を泳ぎ回るタチウオが見えました。クリアな状態で、どれほどの魚が見えたことか想像すると楽しくもあり、恐ろしくもありです。

釣果はタチウオ約100(指3〜4)、 キジハタ1(0.7kg)

2006年7月17日(月)
4:00出港〜10:00入港  
サーベリングで出船
土砂降りの中ご苦労様でした。良い反応を追いかけながらの釣りでしたが、渋い中反応を見つければ、乗船者のロッドが一斉に曲がるという状況を繰り返しながら半日を終了。

11:00出港〜16:00入港
ULT泳がせで出船
キスが中々釣れず困りましたが、豆アジの反応を見つけどうにか餌を確保。しかしまだまだ豆過ぎて餌にはチョットの感有り。本当に使えるのは、もう少し後ですねぇ。風と波が高なり早上がり。

釣果はタチウオ1人9〜34(指3〜5)、 キジハタ2、 カサゴ1、 メバル2、 ヒラメ1、 
    ワラサ1(3kg)、 イナダ1、 キス、 アジ

2006年7月16日(日)
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船
河川の流入で泥濁り状態、また駄目かと危機感を。案の定反応が良くなく前半は探し回りましたが、後半にどうにか好反応を捕まえる事が出来、久し振りに指6本・1.7kgサイズ(私の手はデカイです)も釣れ、数も1人20〜50本と上々でした。

12:00出港〜18:00入港
キス&泳がせで出船
キス・アジ・泳がせとも渋く・・・

釣果はタチウオ1人20〜50(指3〜6)、 ヒラメ4(1kg前後)

2006年7月15日(土)
11:00出港〜17:00入港
ウィリーで出船

午前便はタチウオポイントまで走るには、予報が悪すぎ出船中止としました。
午後便はお客様1名とウィリーで出船し、中〜大アジが30前後、キジハタ、ソイと好調でした。

最近ナブラが立つ様になりました。今日も浅場でナブラを見付け、一目散に駆け付けましたが、
沈んだ後でヒット無し。

釣果はアジ30、 キジハタ3(0.4〜1.5kg)、 ソイ1(1.5kg)

2006年7月14日(金)
4:00出港〜10:00入港
ルアー五目で出船

風になりそうなので、サーベリングは能生沖のみとの了解を得ての出船でした。まぁ昨日結構釣れたので今日もと楽観していましたが、反応は昨日より数段良いものの完敗に終わりました。

後半はジグで根魚を狙ってもらいましたが、キジハタの小〜大型が結構釣れました。
夏ですねぇ、小〜特大アジもジグにアタックガンガンでした。

釣果はタチウオ8、 キジハタ11(0.4〜1.4kg)、 ソイ1、 メバル1、 アジ10

2006年7月13日(木)
4:00出港〜10:00入港
サーベリングで出船

いつものポイントが河川の濁流の流入の影響で、水温が2〜3℃低下し、反応がサッパリでしたが、
能生沖は好反応で、1人25本位釣られた方がいらっしゃいました。

釣果はタチウオ1人10〜25、 キジハタ1

2006年7月12日(水)
12:00出港〜18:00入港
泳がせで出船

キス釣りから潮が動かず大苦戦も後半は僅かながら船位が変わり始めグッド。 
ヒラメのバラシが非常に多く、ネットイン寸前で4kgサイズがサヨウナラしましたが、
今季最大のメインターゲットのレッドダイヤモンド2kgが出て万々歳でした。 

釣果はキジハタ2(0.8〜2.0kg)、 ヒラメ10(0.7〜1.6kg)、 コチ1、 キス50

2006年7月11日(火)
4:30出港〜10:30入港
サーベリングで出船

皆さんサーベリングは初めての方ばかりでしたので、アタリが分からずジグのロストが甚大でした。
指5〜6本サイズが出ず残念でしたが、多い方で1人80本くらいと数は出ました。

あまりに釣れるのでチョット食傷気味。よって写真は撮りませんでした。

釣果はタチウオ1人20〜80

2006年7月9日(日)
4:00出港〜10:00入港
サーベリング&泳がせで出船

タチウオはお土産として、1人5〜10本くらい釣ってもらってから泳がせの餌釣りでしたが、
釣れないこと釣れないこと。 また釣れても良型サイズで、餌にはチョットでした。

泳がせはキス釣りに手間取り短時間でしたが、ヒラメ・ソイが釣れました。

釣果はタチウオ1人5〜10、 ヒラメ5(1kg前後)、 ソイ1

2006年7月8日(土)
突然の事情により、9日午後便および10日は休日とさせていただきます。

2006年7月8日(土)”ウィリー仕掛けセット3.000円、40号ステンカン1個1.600円で販売しています”
4:30出港〜10:30入港
サーベリングで出船

サーベリング絶好調” 前半はイマイチでしたが、後半はいつものパターンに。
釣果にも、1人10〜60本と開きがありました。これはテクニック、経験、の差もありますが、タックルの差が大いに関係しています。

見た感じトラウトロッドとか岸壁でのチョイ投げロッドを使っていた方もいらっしゃいましたし、メインラインがナイロンモノフィラメントの方もいましたが、中々アタリが取れないと思います。
流石に竿頭はバスロッドで、ガンガン釣りでしたもんね。

釣果はタチウオ1人10〜60

2006年7月5日(水)
午前便サーベリング  午後便キス&泳がせ

午前便は、サイズが3.5〜4本が中心で、中には脇差しサイズも何匹か。
後半になって大型サイズも釣れだし、数は相変わらず出ました。 

午後便は、潮が動いている内は良かったのですが、止まってからは全くキスが釣れなくなり大変でした。泳がせは、キジハタが6匹と数は出ましたが、キロアップが2匹と船長としてはサイズが少々・・・

釣果はタチウオ1人30〜50、 キジハタ6(0.5〜1.3kg)、 ヒラメ1(1kg)、 カサゴ1

2006年7月4日(火)
サーベリングで出船

反応は上々、しかし潮が速く1.8〜2.0ノット。 これでは100gのジグなんてあっと言う間に何処かへ行ってしまいます。どうにか2本獲ってもらいましたが、早々に退散して潮の緩い場所を探しますが、今度は反応がありません。

でも時間も半ばを過ぎたあたりでグッド反応を捉え、それからは沖上りまで入れ食いを堪能しました。形は指3本半から4本が多い中、5〜6本も混じり、1人30〜40本の釣果でした。

戻る


彩 波

〒949-1351新潟県糸魚川市大字能生小泊2603

今すぐ TEL/FAX0255-66-3405



|HOME| |釣果| |ジギング||ウィリー||タイ||タチウオ||イカ| |アクセス| |お問合せ|